赤ちゃんに優しいウォーターサーバーの魅力

Baby

赤ちゃんに優しいウォーターサーバーの魅力

サーバーボトル

契約する前の注意点を知ろう

ウォーターサーバーのレンタル料が0円の場合、定期配送でノルマが発生する可能性もあります。そのため、ノルマ達成にならないとレンタル料や事務手数料をとられることがあります。逆に、無料じゃないところはノルマがなく、契約期間も自由に決められてお得です。

知っておきたい水の種類

水は大きく分けて天然水とRO水の二つが存在します。天然水は川や地下水から採水され、水道水を専用の装置でとかしたものがRO水です。元々、後者のRO水が一般的でしたが「もっと美味しい水が飲みたい」との声が多く寄せられたため、天然水の提供が始まりました。特に注目されているのが有名な山から採水された水です。ミネラル豊富なので赤ちゃんがいるご家庭からよく選ばれています。また亜鉛を多く含む水やアルカリイオン水など、その土地の水をウォーターサーバーで気軽に試せます。

サーバーのタイプと電気代

ウォーターサーバーの置き場所は、キッチンや冷蔵庫の隣が多いです。そのため、デザインは家電製品の色にマッチする落ち着いた色やデザインになっています。近年は、色のバリエーションも増えておりこちらもママさんから人気です。ウォーターサーバーの電気代は月500円から1000円と家計を圧迫しない程度です。電気ポットと比較しても大差ないでしょう。

注文の仕方

契約時に迷うのが水の使用量です。ほとんどの方がわからないでしょう。最初は少なく注文をし、必要に応じて徐々に増やすやり方が無難です。例えば、コップ一杯の水を一日に二杯飲む場合、一か月に必要な水は11L~12Lです。人数で計算をすれば、正確な使用量がわかるでしょう。ただ、災害時に備えたい場合や、料理で沢山使う時は多めに確保しておいたほうがいいかもしれません。

心配性のママさんが考える優先順位

no.1

プラン

ウォーターサーバーと言えば、長期間契約をしなければならないと勘違いしている人も多いでしょう。節約意識が高いママさんにとっては家計を圧迫しかねません。赤ちゃんの時だけ、妊娠中だけという風に期間を決めて使えるところは非常に人気です。

no.2

設置が簡単なもの

妊娠中にボトルを担いで交換するのは、お腹に負担をかけるだけです。下に置くスタイルのウォーターサーバーなら、持ち上げる必要がないので、力がない人も簡単にボトルを取り換えることができます。

no.3

品質チェックがしっかりされているもの

ボトルの洗浄や破損チェックを徹底して行っているかも重要。また、水を入れる前の再洗浄や殺菌作業も不可欠です。赤ちゃんや妊娠中の女性が飲む場合、これくらい徹底されていないと安心して飲めないでしょう。

no.4

無料キャンペーンの有無

ウォーターサーバーの契約者限定のキャンペーンは節約意識の高いママさんにとってなくてはならないものです。会社によって違いますが、例えば契約するとボトルが数本無料でついてくるなどがあります。

no.5

充実したサービス

加入後の設置やメンテナンスがあるかもママさんたちはチェックしています。子供が誤って本体を故障させた際の修理サポートがあるとなお安心でしょう。節約するなら、修理代がかからないところがベストです。

どっちのお水が美味しいのか比較してみた

水道水

水道水をそのまま飲む人もいれば、沸騰させて飲むという人もいます。中には、浄水器を設置して飲む方もいます。美味しいと答えた人は50%、また美味しくないと答えた人は30%という結果になりました。やはり、薬品の臭みや独特な味が苦手な人は多いようです。

ウォーターサーバー

いわゆる天然水と言われるものは、地下水が原水なので加熱殺菌やろ過は少なからず行っています。また、水道水と消毒の仕方が違うので、原水に含まれるミネラルはそのままです。味も、自然な美味しさを実現しているので、水道水のように飲みにくいということはありません。

広告募集中